トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年5月3週】一目均衡表によるユーロドル(EURUSD)相場予測!景気回復期待の高まるアメリカと景気悪化が確認されたEU。ドル主導の動きが続く。

2013年05月19日(日)

全力FX大学バナー468x60

トラくま(@torakumafx)です。

今日も「FXで1万円から1億円!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測していきます。


まずはチャートをご覧ください。

2013年5月3週一目均衡表ユーロドルチャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロドルの日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは想定レンジ。

緑の上下ラインはコアレンジ。



相場の勢い



先週、レンジで推移するが、2営業日以内に1.2990ドルを下回ると

下降圧力が強くなると予測しました。

下降圧力が強まった場合は、想定レンジの下限までとの予測でしたが、

想定レンジを下抜ける勢いとなりました。

雲を下抜けたので、今後は下降トレンドになる可能性が高くなりました。


先行していた雲の色が再び変わる予兆が出ています。

雲の色が変われば下降トレンドの完成ですので、

さらならる下げとなるでしょう。


時間の目安



現在は1.2840ドル付近です。

現在の水準以下でレンジが続くようだと

今週中に下降トレンドの完成となりそうです。


価格の目安



ローソク足が雲を下抜け、遅行線もローソク足を下抜けしました。

転換線も基準線を下抜けしたので、あとは雲の色が変わるのを待つだけです。


最後のローソク足の下ヒゲが長くでているため、

ここから下は簡単にいかないかもしれません。

下降基調になりそうですが、レンジでの推移となりそうです。

想定レンジは1.2660~1.2920ドル、コアレンジは1.2750~1.2870ドルです。





ファンダメンタルズはどうなのか



アメリカの景気回復期待と金融緩和縮小観測が大きくなり、ドル主導の値動きとなっています。

今後もドル主導の動きが続きそうです。


ユーロは経済状況の悪化が確認され、最大の経済規模を誇るドイツでさえ

改善の兆しが見える程度の状態でした。


景気回復が力強くなりつつあるアメリカと

経済状況が芳しくなく、一部の国がリセッション入りしたEU。


ドル高ユーロ安に向かうのが自然な見方です。


今週は22日(水)のバーナンキFRB議長議会証言に注目です。

経済見通しについて証言する予定ですので、

どのような内容になるか注目されています。


まとめ



今週は下降基調になりそうですが、レンジでの推移となりそうです。

想定レンジは1.2660~1.2920ドル、コアレンジは1.2750~1.2870ドルです。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年5月2週】一目均衡表によるユーロドル(EURUSD)相場予測!FRBの金融緩和縮小とECBの追加利下げに注目。

2013年05月13日(月)

全力FX大学バナー468x60

トラくま(@torakumafx)です。

今日も「FXで1万円から1億円!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測していきます。


まずはチャートをご覧ください。

2013年5月2週一目均衡表ユーロドルチャート1
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロドルの日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは想定レンジ。

緑の上下ラインはコアレンジ。



相場の勢い



先週はレンジで推移すると予測しましたが、上下に大きく動きながらレンジで推移しました。

今週も引き続きレンジ相場です。

先行する雲の色が変わり、上昇トレンドの予兆が出てきましたが

週末の下げでローソク足と遅行線が絡んだため、勢いが弱くなりました。

今後、ローソク足が雲の上下どちらに抜けるかで展開が変わってきます。


時間の目安



現在は1.2990ドル付近です。

トレンド転換のターニングポイントは遅くても20営業日後にやってくるでしょう。

現在の水準が2営業日続くようだと下降圧力が強くなります。

トレンドが出るのはしばらく先のようです。


価格の目安



ローソク足が雲の中にあります。

不規則に動きながらレンジで推移するでしょう。

ローソク足が雲の上下どちらに抜けるか注目してください。

今のところ雲を下抜けてる公算が高いですが、まだ判断できません。


今週も広めのレンジで推移するでしょう。

想定レンジは1.2910~1.3230ドル、コアレンジは1.2970~1.3190ドルです。

逆張り手法でのトレードがワークしそうです。

逆張り手法はストップロスをつけないと大きく負けるので、

確実にストップロスを設定しましょう。





ファンダメンタルズはどうなのか



アメリカの景気回復期待とFRBの金融緩和縮小が検討されるとの観測から、

ドル買いによるドル高ユーロ安が進みました。


経済指標が弱い春先に強い数値が出たことは、

アメリカの景気回復への期待を大きくしました。

また、FRB関係者により金融緩和縮小の可能性が示唆されたことも

ドル高の要因となっています。


一方、ユーロでは利下げが実施されユーロ安の要因となりましたが、

短期市場金利が下限のゼロに近かったため、影響は限定的でした。

ECBドラギ総裁から追加利下げの可能性と預金のマイナス金利について発言があり、

仮に実施されればユーロ安の要因となるでしょう。

今週は重要な経済指標が発表されるので目を離さないようにしましょう。

----------------------------------------
・13(月)21:30 米 小売売上高 前月比
・15(水)15:00 独 GDP第1四半期速報値
・15(水)18:00 EU GDP第1四半期速報値
 ※時間は日本時間
----------------------------------------



まとめ



今週も広めのレンジで推移するでしょう。

想定レンジは1.2910~1.3230ドル、コアレンジは1.2970~1.3190ドルです。

逆張り手法でのトレードがワークしそうです。

逆張り手法はストップロスをつけないと大きく負けるので、

確実にストップロスを設定しましょう。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年5月1週】一目均衡表によるユーロドル(EURUSD)相場予測!トレンド転換の予兆。来週の経済指標が注目。

2013年05月05日(日)

全力FX大学バナー468x60

トラくま(@torakumafx)です。

今日も「FXで1万円から1億円!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測していきます。


まずはチャートをご覧ください。

2013年5月1週一目均衡表ユーロドルチャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロドルの日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは想定レンジ。

緑の上下ラインはコアレンジ。



相場の勢い



レンジ相場です。下降トレンドから上昇トレンドへの転換が見えてきました。

先週、方向感が定まっておらずレンジで推移すると予測しましたが

予測通りの動きでした。


ただ、基準線と転換線の間での推移としましたが、

転換線を上抜け、想定レンジの上限まで上昇しました。


今週はレンジが続くでしょう。

方向感のない動きになりそうです。


時間の目安



現在は1.3120ドル付近です。

トレンド転換目前です。現在の水準が今週いっぱい続くようなら

トレンド転換となりそうです。

ローソク足が雲から抜けないとトレンド転換は完成しないので、

それまでは不規則な動きになるでしょう。


価格の目安



ローソク足が雲の中にあります。

不規則な動きながらもレンジで推移するでしょう。

直近高値と転換線の間がコアレンジとなります。


想定レンジは1.2990~1.3240ドル、コアレンジは1.3100~1.3190ドルです。





ファンダメンタルズはどうなのか



アメリカ雇用統計は市場予想より強い結果となり、

前回の数値が一過性であると確認されました。

アメリカの景気回復が改善されつつありそうです。


また、ECBの利下げもありました。

数週間前からECBドラギ総裁やバイトマン独連銀総裁が発言していたこともあり、

利下げの影響は織り込み済みで影響は限定的でした。


今週はユーロドルにからむ重要な経済指標の発表はなく、

注目は来週、14日の独GDP速報値、15日のEU GDP速報値発表です。



まとめ



今週は不規則な動きながらもレンジで推移するでしょう。

直近高値と転換線の間がコアレンジとなります。

想定レンジは1.2990~1.3240ドル、コアレンジは1.3100~1.3190ドルです。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年4月5週】一目均衡表によるユーロドル(EURUSD)相場予測!ECBの利下げはあるのか?アメリカの雇用統計にも注目!

2013年04月28日(日)

全力FX大学バナー468x60

トラくま(@torakumafx)です。

今日も「FXで1万円から1億円!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測していきます。


まずはチャートをご覧ください。

2013年4月5週一目均衡表ユーロドルチャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロドルの日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは想定レンジ。

緑の上下ラインはコアレンジ。



相場の勢い



レンジ相場、下降トレンドぎみです。

先週、基準線に向けて下落しつつ転換線・基準線の間でレンジと予測しましたが、

予測通りの推移でした。

ローソク足のヒゲが長かったり、実体が小さかったりするので、

方向感が定まっていないのが感じ取れます。

一目均衡表の雲は厚く簡単に抜けられそうにありませんが、

基準線のサポートもしっかりしているようなので、レンジで推移が基本でしょう。


時間の目安



現在は1.3030ドル付近です。

レンジ相場になり、大きく値動きする前兆が出てきました。

雲に突入するであろう2~3営業日以降は不規則な動きとなりそうです。

雲の下限と基準線が重なる4営業日後に変化があらわれそうです。


価格の目安



サポートもレジスタンスもしっかりしておりレンジでの推移が予想されます。

今週は転換線と基準線の間での推移となるでしょう。

想定レンジは1.2880~1.3180ドル、コアレンジは1.2970~1.3090ドルです。





ファンダメンタルズはどうなのか



ECBドラギ総裁やバイトマン独連銀総裁が相次ぐ利下げ余地ありとの発言で

市場には利下げ観測が出てきました。

今週のECB政策金利発表では利下げがあるのではないかと噂になっています。

もし利下げに踏み切ったら、ユーロ下落の材料となるでしょう。

利下げがない場合はユーロ上昇の機運が高まります


一方、アメリカ雇用統計が週末に控えています。

前回は芳しくない数値でネガティブな反応となりました。


前回の数値は一過性のものであるとの観測もあり、

今回は市場予想より強い数値が期待されています。


もし前回に続き弱い数値だった場合はリスクオフになりそうです。


今週は注目の経済指標発表が続きますので、

指標発表後の値動きが荒くなるかもしれません。

ストップロスを置くのをお忘れなく。


まとめ



今週は転換線と基準線の間での推移となるでしょう。

雲に突入するであろう2~3営業日以降は不規則な動きとなり、

雲の下限と基準線が重なる4営業日後に変化があらわれそうです。

想定レンジは1.2880~1.3180ドル、コアレンジは1.2970~1.3090ドルです。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年4月4週】一目均衡表によるユーロドル(EURUSD)相場予測!バイトマン独連銀総裁の利下げ可能性示唆によるユーロ下落があるもドイツは利下げを想定していない

2013年04月22日(月)

全力FX大学バナー468x60

トラくまです。

今日も「FXで1万円から1億円!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測していきます。


まずはチャートをご覧ください。

2013年4月4週一目均衡表ユーロドルチャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロドルの日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは想定レンジ。

緑の上下ラインはコアレンジ。



相場の勢い



下降トレンドの調整局面です。

先週、上下動を繰り返しながら推移し、5営業日頃に下降圧力が高まると予測しました。

一目均衡表の雲の下限がレジスタンスとなり

転換線を割り込む水準まで下落しました。

今週はレンジで推移しながら徐々に下値を切り下げていくでしょう。


時間の目安



現在は1.3050ドル付近です。

下降トレンドが崩れレンジでの推移が予想されます。

1営業日後に遅行線がローソク足を上抜けし、レンジ相場に突入しそうです。

現在の水準のまま動くと7営業日後に下降圧力が強くなるでしょう。


価格の目安



ローソク足の上ヒゲが長くなっておりレジスタンスは厚そうです。

今週は基準線に向けて下落しつつ転換線と基準線の間での推移となるでしょう。

想定レンジは1.2930~1.3120ドル、コアレンジは1.2970~1.3100ドル。





ファンダメンタルズはどうなのか



アメリカの景況感の悪化からユーロは上昇しましたが、

バイトマン独連銀総裁の利下げの可能性があるとの発言により

一転してユーロは下落しました。


欧州内の経済後退によりドイツの輸出は伸び悩み

ドイツ経済は厳しさを増しています。

インフレ率も落ち込んでおり、利下げによる金融緩和はドイツにとって助けとなります。


一方で、ドイツが発表した経済見通しではGDPは成長に向かうと予想し、

金利は据え置かれると想定しています。

ドイツが利下げを強く望んでいるとは考えにくいものの

ECBがドイツを意識して利下げに踏み切る可能性もあります。

ユーロ圏の経済動向には引き続き注目です。


まとめ



今週は基準線に向けて下落しつつ転換線と基準線の間での推移となるでしょう。

想定レンジは1.2930~1.3120ドル、コアレンジは1.2970~1.3100ドル。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

勝率90%の自動売買システム


・勝率90% 資産35倍を実現
Winlogics90 eur/jpy

カテゴリ

無料セミナー

トラくま掲載のメディア様

FXトラリピの教科書
FXトラリピの教科書(単行本)

月刊ネットマネー8月号
月刊ネットマネー8月号

20110628週刊SPA!7/5・7/12合併号
週刊SPA!7/5・7/12合併号

20110719週刊SPA!7/26号
週刊SPA!7/26号

週刊SPA!8/30・9/6日合併特大号
週刊SPA!8/30・9/6日合併特大号

週刊SPA!9/20・27日合併特大号
週刊SPA!9/20・27日合併特大号

相互リンク

オススメFXブログはコチラ

記事検索フォーム

気になる単語を入れて検索ボタンをクリックすると、 その単語に関連する当ブログの記事を表示します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

feed

SEO

ソーシャルブックマークに追加

はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

ブロガー交流サイト





リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら

RSSリンクの表示

FX上級者に聞いた使うべきFX | 外為@FXの真骨頂 NO FX NO LIFE!!
フィードメーター - トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。