トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ  > スポンサー広告  > 【2013年7月3週】ドル円(USDJPY)テクニカル相場予測!トラくまとぱっと見テクニカルの予測がまっぷたつ。 > ドル円(USDJPY)  > 【2013年7月3週】ドル円(USDJPY)テクニカル相場予測!トラくまとぱっと見テクニカルの予測がまっぷたつ。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年7月3週】ドル円(USDJPY)テクニカル相場予測!トラくまとぱっと見テクニカルの予測がまっぷたつ。

2013年07月14日(日)




トラくま(@torakumafx)です。

今日も「トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」の更新タイムでございます。


先週、【将来が不安なので運用でお金をふやして備えたい!】タイプの人は

「お金は減る(失う)もので足りないことに恐怖を感じやすい」ので

「プロスペクト理論」にハマりやすい。

損切りが遅く、利確が早いトレードになりやすいとお話しました。


このタイプの人は「お金を失う恐怖」を克服し

お金を失う機会よりも、お金を得る機会の方に注意が向くように思考を修正することが

勝てるトレーダーになる第一歩となります。


まずはトレードしているときの感情を理解し、

自分の心の動きに向き合うことが大切です。

トレードの際、不安を感じていないか確認しましょう。

今までのトレードを思い返してみてください。いかがでしたか?


「ここでエントリーしていいのだろうか」
 ⇒エントリーに対する恐怖

「ここでエグジットするべきだろうか」
「ここから反転して利益が減るのではないか」
 ⇒利食いに対する恐怖

「ここから反転して損失がなくなってほしい」
 ⇒損切りに対する恐怖


これらは一例ですが、

恐怖の感情があるときは冷静さを欠いています。

自分では手法通りにトレードしたつもりでも、若干の狂いが生じています。


自分の手法を心から信じましょう。

そうでなければ信じられるまで低リスクorデモトレードで練習しましょう。

と勝てるトレーダーは言います。


手法を信じられないと、トレードへの恐怖が生まれることで冷静さを欠き、

それのより正確に手法を実践できなくなり、うまくトレードできなくなる。

彼らはそれを経験的に知っているのです。


よく、「オレは大丈夫だ!」と感情を無理やり抑え込んでトレードする人がいます。

感情をコントロールするのは良いことですが、

感情を抑え込むのは、冷静さを欠いている自分自身から目をそらすのと同じことです。


自分の心の動きに向き合うことは、

冷静さを欠いた勝てない可能性の高いトレードを減らすのに役立ちます。


「お金を失う恐怖」を克服するために最初にやることは、

自分の感情に意識を向け、恐怖の感情が一瞬でも感じられたら

冷静さを欠いていると知ること。


トレード手法は道具であって、

それを操る人間の心技体が勝てるかどうかを決めます。

プロ野球選手のバットを使ったからといって、

素人が急に打てるようにならないのと同じです。


次回は、どのような精神状態になれば勝てるようになるか。

それをテーマにお話します。



では、相場予測にいきましょう。

今週のチャートはコチラ。

■一目均衡表
2013年7月3週一目均衡表ドル円チャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)


■スーパーボリンジャー、スパンモデル複合チャート
2013年7月3週スーパーボリンジャースパンモデルドル円チャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)


■移動平均線リボン
2013年7月3週移動平均リボンドル円チャート
チャート:インフィニティスペース(クリックすると拡大表示されます)


■ボリンジャーバンド標準偏差ボラティリティ
2013年7月3週ボリンジャーバンド標準偏差ボラティリティドル円チャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)


■ぱっと見テクニカル形状比較
2013年7月3週ぱっと見テクニカルドル円チャート
チャート:FXプライム(クリックすると拡大表示されます)



相場の現状



■一目均衡表

 一瞬、上昇に転じそうになりましたがニュートラルに戻りました。

 雲の上限に沿ってローソク足が動いており、上昇圧力は弱くなりました。


■スーパーボリンジャースパンモデル複合チャート

 スーパーボリンジャーは買い優勢を示しています。

 中心線から+1σの間にローソク足があり、上値は重いのが見えます。

 スパンモデルは買いサインになりつつあります。

 まだ弱いサインなので買いエントリーは時期尚早です。


■移動平均リボン

 上値メドの101.5円をつけたあと反転しました。

 サポートゾーンに入ったところで再上昇がはじまりました。

 99.5~100.0円の間の抵抗帯が上値を重くしそうです。


■ボリンジャーバンド標準偏差ボラティリティ

 ローソク足がボリンジャーバンドの+1σと中心線の間に入り、

 ニュートラルに戻りました。

 標準偏差ボラティリティもニュートラルを示しています。



今週の展望



■ぱっと見テクニカル形状比較

 一致率90~92%でニュートラルから若干の上昇となっています。

 100円台回復の可能性が高いと形状比較では予測しています。


■トラくまのインスピレーション

 レンジ相場なので上げても下げてもおかしくない状態です。

 基本は100円回復を目指す動きになりますが

 99.5~100.0円にレジスタンスやフィボナッチの節目があるので上値が重そうです。

 どちからと言うと、短期的に下げるように思います。

 週明け最初のローソク足が陽線でクローズし、

 その翌日がしっかり下げて陰線でクローズしたら下げシナリオになるでしょう。

 98.8円、98.4円、98.2円、97.6円、96.5円がメドになります。


ぱっと見テクニカル形状比較と逆になってしまいました。

どちらの予測が当たるのでしょうね。


トレード戦略!僕だったらこうする



週明け2営業日は様子を見ます。

今週の展望で述べたとおり、初日が陽線、その翌日がしっかり下げて陰線であれば

売りでエントリーします。

98.8円、98.4円、98.2円、97.6円、96.5円がエントリー&エグジットポイントです。

ストップロスはお忘れなく。

エントリーとエグジットの差と同じポイント数のストップがよいでしょう。


以上、今週の相場予測でした。

僕の予測はあくまでトレードの参考ですので、

投資の際は必ず自己判断で行ってください。

ではまた!



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

勝率90%の自動売買システム


・勝率90% 資産35倍を実現
Winlogics90 eur/jpy

カテゴリ

無料セミナー

トラくま掲載のメディア様

FXトラリピの教科書
FXトラリピの教科書(単行本)

月刊ネットマネー8月号
月刊ネットマネー8月号

20110628週刊SPA!7/5・7/12合併号
週刊SPA!7/5・7/12合併号

20110719週刊SPA!7/26号
週刊SPA!7/26号

週刊SPA!8/30・9/6日合併特大号
週刊SPA!8/30・9/6日合併特大号

週刊SPA!9/20・27日合併特大号
週刊SPA!9/20・27日合併特大号

相互リンク

オススメFXブログはコチラ

記事検索フォーム

気になる単語を入れて検索ボタンをクリックすると、 その単語に関連する当ブログの記事を表示します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

feed

SEO

ソーシャルブックマークに追加

はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

ブロガー交流サイト





リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら

RSSリンクの表示

FX上級者に聞いた使うべきFX | 外為@FXの真骨頂 NO FX NO LIFE!!
フィードメーター - トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。