トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年6月4週】一目均衡表によるユーロ円(EURJPY)相場予測!ユーロ圏の経済は上向きつつある。ドイツの動向に注目。

2013年06月23日(日)



トラくま(@torakumafx)です。

今日も「トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」

の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測をしていきます。


まずはチャートをご覧ください。

2013年6月4週一目均衡表ユーロ円チャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロ円の日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは予想レンジの範囲。

緑の上下ラインはコアレンジの範囲。


このチャートから相場を読みとっていきます。


相場の勢い



先週は週明けに雲の下抜けができず、雲の中に戻る展開となりました。

方向感もなく今週は雲の中を動くでしょう。



時間の目安



先週、雲を下抜けできず、下降トレンド完成とはなりませんでした。

下降トレンド完成の最大のチャンスは19~21営業日後に訪れそうです。



価格の目安



現在は128.4円付近です。

先週は雲の下限を抜けられず、基準線と転換線の間まで上昇しました。

今週は雲の中を推移しそうですが、基準線と転換線の間で動くのが基本となりそうです。


今週の想定レンジは125.0円~131.2円、コアレンジは128.2~129.4円です。



ファンダメンタルズはどうなのか



ユーロ圏の景況感や産業動向を示す指標が改善しつつあることから、

ECBの利下げは後退しつつあります。

しかし、ユーロ圏最大の経済規模を誇るドイツでは、

ドイツでは大雨と洪水が基幹産業の工業に悪影響を与え、

独PMI指数は芳しいものではありませんでした。


ドイツ以外の各国は徐々に持ち直しつつあり、

来年以降はプラス成長の可能性が出てきています。

経済成長に伴い、インフレ率が高まるようであれば利上げの検討も期待できますが、

それはまだ先でしょう。


今週は独IFO景気動向や失業率の発表がありますので、

ドイツの経済が上向いているか注目です。



まとめ




今週は雲の中を推移しそうですが、

基準線と転換線の間で動くのが基本となりそうです。

今週の想定レンジは125.0円~131.2円、コアレンジは128.2~129.4円です。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。




スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年6月3週】一目均衡表によるユーロ円(EURJPY)相場予測!異次元緩和相場は終了。金利差相場に戻りつつある

2013年06月16日(日)



トラくま(@torakumafx)です。

今日も「トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」

の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測をしていきます。


まずはチャートをご覧ください。

2013年6月3週一目均衡表ユーロ円チャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロ円の日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは予想レンジの範囲。

緑の上下ラインはコアレンジの範囲。


このチャートから相場を読みとっていきます。


相場の勢い



先週は雲のサポートを切り崩しつつ下値を探る展開でした。

想像以上に雲のサポートは厚く下抜けはなりませんでしたが、雲下限まで下げました。

今週は雲の下抜けにトライとなるでしょうが難しいことではなさそうです。


週明けにどのように動くかが今週の動きを決めそうです。

早々に雲を下抜けするとさらに下げる展開になりますが

雲の中に戻るようであればレンジが続くでしょう。



時間の目安



トレンド転換は目の前まできています。

週の前半にローソク足が雲を下抜けするようなら

早くて今週中にトレンド転換となります。



価格の目安



現在は125.7円付近です。

先週はサポートに押し返されて前半に130.0円まで上昇して盛り返しましたが、

以降は売りに押されて128.5円、127.6円のサポートを相次いで抜いて行きました。

その後雲の中に入ると一気に下げ、雲の下限で週末を迎えました。


今週は週の前半で雲を下抜けるかがポイントです。

下抜けられるようだと、さらに下落するでしょう。

下抜けできず雲の真ん中あたりに戻るようなら、レンジとなるでしょう。

今週の想定レンジは121.0円~129.4円、コアレンジは124.5~128.2円です。



ファンダメンタルズはどうなのか



為替と金利差は相関性が高いと言われ、特に2年債の利回り差はその傾向が顕著と言われています。

以下はユーロ円と独-日金利差です。



2013年6月3週ユーロ円金利差チャート
出所:マネースクウェア・ジャパン


今年の為替相場は、2月まではほぼ完ぺきに為替と金利差は相関関係を示していますが、

日銀総裁に黒田氏が就任するとわかったあたりから動き方が変わり、

日銀の異次元緩和が発表されてからは、ユーロ円と金利差の相関性はなくなりました。


そこから異次元緩和相場が始りまり1ヶ月ほど続きますが、

5月を迎えると日本の長期金利が不安定になり、

日銀が長期金利をコントロールできていないことに市場が気づき始めます。


その後、日本の長期金利は上昇、その影響で2年債の金利も上昇し、

リスクオフの動きから円買いユーロ売りで調整局面に入りました。


6月に入ると独-日の金利差は急速に縮小し、行き過ぎた円売りポジションが解消され、

ユーロ円と独-日金利差のラインが近付きつつあります。


これは日銀の異次元緩和の効果がなくなり、

以前までの金利差相場に戻りつつある兆候に思えます。


今後、日銀の追加緩和が行われない限り金利差相場に収斂していくでしょう。

とは言っても、まだかい離があるので、ユーロ円は今年3月頃の水準まで下げる可能性があります。



まとめ



今週は週の前半で雲を下抜けるかがポイントです。

下抜けられるようだと、さらに下落するでしょう。

下抜けできず雲の真ん中あたりに戻るようなら、レンジとなるでしょう。

今週の想定レンジは121.0円~129.4円、コアレンジは124.5~128.2円です。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年6月2週】一目均衡表によるユーロ円(EURJPY)相場予測!ユーロ圏にも日本にも材料は少ない。今週もアメリカしだい。

2013年06月09日(日)



トラくま(@torakumafx)です。

今日も「トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」

の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測をしていきます。


まずはチャートをご覧ください。

2013年6月2週一目均衡表ユーロ円チャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロ円の日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは予想レンジの範囲。

緑の上下ラインはコアレンジの範囲。

黄の左右ラインはレンジの幅。

このチャートから相場を読みとっていきます。


相場の勢い



先週、レンジブレイクの可能性があると予測しましたが、

週後半にレンジを下抜けしました。

一時想定レンジ下限まで下げるも、雲の前にあるレジスタンスに跳ね返され

転換線付近まで戻りました。

トレンドはニュートラルになり、トレンド転換もみえてきました。

今週はニュートラルを保つか下降トレンドに向かうかという展開になりそうです。



時間の目安



先週後半にレンジを抜け、16~28営業日でレンジを形成する傾向は継続のもようです。

しばらくはレンジで推移するでしょう。

今週の後半以降は雲の中で動くことになるでしょう。



価格の目安



現在は130.5円付近です。

今週はコアレンジ内で推移するでしょう。

ローソク足が雲に入ってからは動きが不安定になりそうですが、

ローソク足の下ヒゲが長く出ており、なかなか下抜けしないでしょう。


先週末のローソク足は実体よりもヒゲが長くなっています。

このようなローソク足が続く展開になるようであれば、

どちらかに動く可能性があります。

今週の想定レンジは124.7円~132.0円、コアレンジは127.8~130.7円です。



ファンダメンタルズはどうなのか



先週のECB政策金利発表は市場予測通りの結果となり、市場は反応を見せませんでした。

先週ユーロ円を動かした要因はアメリカの経済指標を受けた

ユーロドル、ドル円の動きです。


今週は、10日のバイトマン独連銀総裁の講演や

日本のGDP、経常収支の発表に注目が集まりそうですが、

相場を大きく動かす要因にはならないでしょう。


13日の米小売売上高前月比の方が注目度は高いので、

今週もアメリカをにらんだ動きとなりそうです。


まとめ



今週はコアレンジ内で推移するでしょう。

ローソク足が雲に入ってからは動きが不安定になりそうですが、

ローソク足の下ヒゲが長く出ており、なかなか下抜けしないでしょう。

今週の想定レンジは124.7円~132.0円、コアレンジは127.8~130.7円です。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年6月1週】一目均衡表によるユーロ円(EURJPY)相場予測!ECBの追加利下げはなさそう。アメリカの動向に注目。

2013年06月01日(土)



トラくま(@torakumafx)です。

今日も「トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」

の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測をしていきます。



まずはチャートをご覧ください。

2013年6月1週一目均衡表ユーロ円チャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロ円の日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは予想レンジの範囲。

緑の上下ラインはコアレンジの範囲。

黄の左右ラインはレンジの幅。

このチャートから相場を読みとっていきます。


相場の勢い



先週は短期のレンジになると予測しましたが、

予測通りコアレンジ内でのレンジとなりました。


上昇トレンドの勢いは弱まり

基準線と転換線の間でのレンジが続きそうです。



時間の目安



遅行線が9営業日後にローソク足と絡みます。

そうなると上昇トレンドの停止、短期的なトレンド転換も視野に入るでしょう。


また、ローソク足を見ると16~28営業日でレンジを抜けています。

今のレンジに入って16営業日を経過したため、

今週以降、レンジブレイクの可能性があります。


価格の目安



現在は130.5円付近です。

今週はコアレンジ内での推移が基本ですが、

コアレンジを抜けたときは想定レンジの上限・下限を目指して動きますので、

ストップロスの設定は忘れずにしましょう。


今週の想定レンジは127.6円~133.8円、コアレンジは130.4~132.0円です。



ファンダメンタルズはどうなのか



今週はECB政策金利発表に注目です。

欧州債務危機は落ち着きをみせており、ECBが追加利下げに踏み切る可能性は低いと市場は見ています。

そのため、追加利下げに踏み切った場合はサプライズとなるでしょう。


今週、ユーロ圏の発表で大きなものは少なく、

ECB政策金利発表とBOE政策金利発表が注目です。


一方で、アメリカの経済指標は注目度の高いものが多く、

ユーロ円はそちらの動向に影響されそうです。


アメリカの景気回復期待が膨らむ結果になった場合はユーロ高円安に動くでしょう。

市場予想を下回る結果になった場合は、リスクオフになり、ユーロ安円高に動くと思われます。


今週はアメリカ経済指標をしっかりと追いましょう。


まとめ



今週はコアレンジ内でレンジで動くのが基本ですが、

時間の目安はレンジ抜けの可能性を示唆しています。

コアレンジを抜けた場合は、想定レンジの上限・下限に向けて動きますので

特にレンジ内で逆張りトレードをするときはストップロスをお忘れなく。

今週の想定レンジは127.6円~133.8円、コアレンジは130.4~132.0円です。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【2013年5月4週】一目均衡表によるユーロ円(EURJPY)相場予測。ユーロ圏も日本も材料は少ない。アメリカしだい。

2013年05月26日(日)



トラくま(@torakumafx)です。

今日も「トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ」

の更新タイムでございます。

先日、投資信託銀行で日本一を獲得した経験のある、元ファンドマネージャーに

相場予測について教えてもらう機会がありました。


その手法を使って相場予測をしていきます。



まずはチャートをご覧ください。

2013年5月4週一目均衡表ユーロ円チャート
チャート:マネースクウェア・ジャパン(クリックすると拡大表示されます)

ユーロ円の日足チャートです。

緑のラインは今週の予測ライン。

青の上下ラインは予想レンジの範囲。

緑の上下ラインはコアレンジの範囲。

黄色の左右ラインはレンジの間隔。

このチャートから相場を読みとっていきます。


相場の勢い



先週は緩やかな上昇が続くと予測しました。

週の半ばまでは順調な値動きでしたが、後半になって急落しました。

コアレンジ内での動きなので想定の範囲ではありますが、

2週間かけて上昇した分を2日で戻してしまったので、

荒い値動きが続くかもしれません。


ローソク足が基準線と転換線の間に入ったので、

上昇トレンドの勢いが弱まりました。

今週は乱高下が続くかもしれませんが短期のレンジになりそうです。


時間の目安



一目均衡表からは時間の目安は読み取れません。

ローソク足を見ると16~28営業日でレンジをブレイクする流れが続いています。

今のレンジに入って11営業日ほど経過しているため、

早くて今週、レンジをブレイクする可能性があります。


価格の目安



現在は130.8円付近です。

週末の急落で現在のレンジ下限まで下がりました。

今週は今後を占ううえで重要な局面になる可能性があります。

今週の想定レンジは127.4円~133.9円、コアレンジは130.3~132.6円です。


コアレンジ内でレンジで動くのが基本ですが、

コアレンジ上限付近のレジスタンスの上抜けや

コアレンジ下限のサポートを下抜けする可能性も十分あります。

コアレンジ下限を下抜けすると勢いをつけて下落するので、

買いでポジションを持つ場合は気をつけましょう。


全力FX大学バナー468x60


ファンダメンタルズはどうなのか



先週は中国の経済指標が弱かった影響によりユーロが売られ円が買われました。

昨今流行しているロボットによる超高速取引が原因とも言われています。

リスクオフの円買いは相変わらずで、今後も各国の経済指標には注目が集まりそうです。


今のところ、ユーロ圏の債権危機は遠のいており、

日本も異次元緩和後に追加緩和が出る様子もなく、

これといった材料は出てきていません。


現在相場を動かしているのは、アメリカの景気回復と金融緩和縮小への期待です。

ドルに釣られてクロス円は動くことになりそうなので、

アメリカの動きに注目するのがよいでしょう。


今週は5/30(木)に米第1四半期GDP(改定値)、第1四半期個人消費(改定値)の発表があり、

5/31(金)には、米4月個人所得、米4月個人支出の発表がありますので、

こちらに注目が集まるでしょう。

ドイツや日本の失業率発表もありますが、こちらの影響は小さいと思われます。



まとめ



コアレンジ内でレンジで動くのが基本ですが、

コアレンジ上限付近のレジスタンスの上抜けや

コアレンジ下限のサポートを下抜けする可能性も十分あります。

今週の想定レンジは127.4円~133.9円、コアレンジは130.3~132.6円です。


この予測は相場が動くたびに結果が変化するものです。

最新の動きもをふまえて来週以降も予測していきますので、

お付き合いください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

勝率90%の自動売買システム


・勝率90% 資産35倍を実現
Winlogics90 eur/jpy

カテゴリ

無料セミナー

トラくま掲載のメディア様

FXトラリピの教科書
FXトラリピの教科書(単行本)

月刊ネットマネー8月号
月刊ネットマネー8月号

20110628週刊SPA!7/5・7/12合併号
週刊SPA!7/5・7/12合併号

20110719週刊SPA!7/26号
週刊SPA!7/26号

週刊SPA!8/30・9/6日合併特大号
週刊SPA!8/30・9/6日合併特大号

週刊SPA!9/20・27日合併特大号
週刊SPA!9/20・27日合併特大号

相互リンク

オススメFXブログはコチラ

記事検索フォーム

気になる単語を入れて検索ボタンをクリックすると、 その単語に関連する当ブログの記事を表示します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

feed

SEO

ソーシャルブックマークに追加

はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

ブロガー交流サイト





リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら

RSSリンクの表示

FX上級者に聞いた使うべきFX | 外為@FXの真骨頂 NO FX NO LIFE!!
フィードメーター - トラリピとFXで1億円達成!トラくまの外国為替証拠金取引ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。